ブログ


エコキュートが故障したときの対応方法と修理費用について解説

エコキュートが故障

 

電気代・ガス代の節約のためにエコキュートを導入しているご家庭も多いのではないでしょうか。

 

とても便利なものですが経年劣化は避けられないので、ある程度の年月が経過するとトラブルが発生することもあります。

 

そこで本記事ではエコキュートに不具合が起きたときの対処法や、修理・交換費用の目安などをご紹介していきますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

 

エコキュートの耐用年数(寿命)は約10年

 

エコキュートの耐用年数(寿命)は一般的に約10年、長くても15年程度と言われています。

 

ただしエコキュートは初めて生産されたのが2001年の比較的新しい製品なので、おおよその耐用年数は示されているものの、まだまだデータが揃っていないのが現状です。

 

ですが定期的にメンテナンスをすればより長い期間使えるので、その分ランニングコストも下がります。

 

 

エコキュートの故障が疑われるサインと対応方法

 

チェックリスト

 

エコキュートが壊れたかもしれないと思っても、実はご家庭で対処するだけでいつも通り使えるケースもあります。

 

「業者に相談する前に自分でできることを試してみたい」という方は、これからご紹介する事例を参考にしてみてください。

 

とはいえある程度時間をかけても直らない場合には完全に故障してしまっている可能性があるので、できるだけ早めに近くの電気工事業者に連絡しましょう。

 

 

エラーコードが表示される

 

エコキュートのリモコンにエラーコードが表示される場合には、まずメーカーの説明書やホームページをチェックしてください。

 

インターネットで「エコキュート 〇〇(メーカー名) ####(エラーコード)」と検索すれば、エラーの内容と対応方法がでてくるケースがほとんどです。

 

説明書やホームページに記載された対処方法を試してもエラーが解消されないときは、修理または交換を検討しましょう。

 

 

お湯が出ない

 

蛇口やシャワーからお湯が出てこない場合は、単純にタンク内のお湯を使い切ってしまった状態(湯切れ)の可能性があります。

 

その場合はお湯の湧き上げ(沸き増し)の操作を行ってみましょう。

 

ちなみにお湯ではなく水自体が出ない場合は、近くで水道工事による断水が行われていないか確認してください。

 

 

水漏れを起こしている

 

エコキュートの貯湯タンク内の水がお湯に変わると体積が大きくなり、膨張した分のお湯がタンクの外へ排出される仕組みになっています。

 

そのほか気温の変化による結露が水漏れに見える場合があるので、しばらく様子を見て水漏れが続くかチェックしてください。

 

ただしエコキュート本体や配管の劣化、貯湯タンクにひび割れなどがある場合は部品の交換が必要なので、近くの業者に連絡しましょう。

 

 

お湯の温度が安定しない

 

キッチンのお湯はいつも通り使えるのにお風呂のお湯だけ温度が不安定な場合は、シャワーの温度調節をするサーモスタッド水栓で設定温度を上げて様子を見てください。

 

なおキッチン・お風呂ともにお湯の温度が不安定なときは、エコキュート自体にトラブルが起きている可能性があるので修理や交換を検討しましょう。

 

 

エコキュートの故障当日のお風呂はどうする?

 

作業内容 修理金額の目安
部品の修理・交換 約0.8~7万円
ヒートポンプユニットの修理 約7.7~22万円
機器全体の交換 約20~70万円

 

エコキュートを修理する際の目安となる金額は上の表のとおりです。

 

ちなみに「機器全体の交換」は約20~70万円とありますが、多くの場合30~50万円程度になるとみられます。

 

ただし部品の交換で済む場合でも、発売から10年以上経っているような場合は該当する部品がない可能性もあるので注意しましょう。

 

 

エコキュートの耐用年数が近づいたときは修理よりも買い替えがおすすめ

 

エコキュートの耐用年数の目安である10年を過ぎると、修理をしようにも部品の生産がされていない場合もあります。

 

そのような場合は新品のエコキュートを購入するよりも、無理やり修理することでかえって費用が高くなってしまうことも。

 

もしもエコキュート購入・設置から10年前後経ったタイミングで故障してしまった場合には、修理せずに新品を購入することも検討してみましょう。

0

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 株式会社USサービス. All rights Reserved.