ブログ


エコキュートを使うと電気代(給湯光熱費)は安くなる?シミュレーションした結果

エコキュートの給湯光熱

 

電気代が安い時間帯にお湯を沸かして光熱費を節約してくれるエコキュート。

 

でも実際に毎月の電気料金が安くなるのか、購入前に知っておきたい方も多いのではないでしょうか。

 

ここからは各メーカーの料金シミュレーションページを使って算出したランニングコストを表にまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

エコキュートを使うと電気代は安くなる?実際のシミュレーション結果

エコキュート光熱費比較

 

ここではエコキュートの給湯光熱費が従来の給湯機と比べて安くなるのか、メーカーの料金シミュレーションページで算出した金額をまとめています。

 

今回シミュレーションしたのは以下の3メーカーです。
・パナソニック
・三菱電機
・日立

 

なお本記事では、年額で算出された料金目安を12(ヵ月)で割り、1ヵ月あたりの平均額として掲載しています。

 

ちなみにエコキュートの電気代は季節・時間帯などによって変動しますので、あくまで目安の金額としてご覧ください。

 

 

パナソニックエコキュートの月額料金シミュレーション

 

  エコキュート 電気温水器 石油給湯機 ガス給湯機
北海道電力エリア 約2,700円 約9,000円 約5,100円 約7,100円
東北電力エリア 約1,800円 約6,700円 約4,800円 約6,900円
北陸電力エリア 約1,700円 約6,900円 約4,800円 約8,200円
東京電力エナジーパートナーエリア 約2,000円 約8,500円 約4,500円 約4,900円
中部電力エリア 約2,000円 約8,300円 約4,700円 約5,600円
関西電力エリア 約1,700円 約7,200円 約4,400円 約5,200円
中国電力エリア 約1,900円 約7,600円 約4,700円 約7,700円
四国電力エリア 約2,400円 約10,500円 約4,500円 約6,600円
九州電力エリア 約1,500円 約6,500円 約4,500円 約7,400円
沖縄電力エリア 約900円 約3,700円 約4,400円

 

参照:低ランニングコスト | 特長 | エコキュート | 給湯・暖房 | Panasonic

 

・家族人数 / 容量の選択なし
・地域ごとの電力会社
・比較対象(電気温水器・石油給湯機・ガス給湯機)

 

上記の条件で計算しています。

 

 

三菱エコキュートの月額料金シミュレーション

 

  エコキュート 従来型ガス給湯機 エコジョーズ
北海道電力エリア 約3,132円 LPガス:約16,187円
都市ガス:約8,346円
LPガス:約13,593円
都市ガス:約7,076円
東北電力エリア 約2,265円 LPガス:約13,207円
都市ガス:約7,112円
LPガス:約11,102円
都市ガス:約6,176円
北陸電力エリア 約2,049円 LPガス:約11,245円
都市ガス:約8,479円
LPガス:約9,481円
都市ガス:約7,193円
東京電力エリア 約2,356円 LPガス:約9,955円
都市ガス:約5,557円
LPガス:約8,401円
都市ガス:約4,556円
中部電力エリア 約2,450円 LPガス:約10,039円
都市ガス:約6,611円
LPガス:約8,484円
都市ガス:約6,198円
関西電力エリア 約1,792円 LPガス:約9,401円
都市ガス:約6,014円
LPガス:約7,951円
都市ガス:約4,704円
中国電力エリア 約2,093円 LPガス:約10,510円
都市ガス:約8,075円
LPガス:約7,275円
都市ガス:約2,093円
四国電力エリア 約2,301円 LPガス:約9,534円
都市ガス:約7,944円
LPガス:約8,061円
都市ガス:約7,600円
九州電力エリア 約1,833円 LPガス:約9,452円
都市ガス:約7,886円
LPガス:約7,991円
都市ガス:約6,537円
沖縄電力エリア 約1,038円 LPガス:約8,109円
都市ガス:約6,521円
LPガス:約6,860円
都市ガス:約5,043円

 

参照:給湯光熱費かんたんシミュレーション | はじめてのエコキュート | 三菱 エコキュート | 三菱電機 (mitsubishielectric.co.jp)

 

・3人家族
・地域ごとの電力会社
・現在使っている給湯器(従来型ガス給湯器・エコジョーズ)

 

上記の条件で計算しています。

 

 

日立エコキュートの月額料金シミュレーション

 

  エコキュート LPガス省エネ給湯器 都市ガス省エネ給湯器
北海道電力エリア 約2,470円 約13,671円 約6,806円
東北電力エリア 約2,049円 約10,282円 約7,246円
北陸電力エリア 約1,823円 約9,743円 約9,139円
東京電力エリア 約2,033円 約8,148円 約4,494円
中部電力エリア 約2,031円 約8,219円 約6,016円
関西電力エリア 約1,728円 約8,234円 約4,901円
中国電力エリア 約1,920円 約8,408円 約6,682円
四国電力エリア 約2,528円 約9,213円 約6,691円
九州電力エリア 約1,602円 約7,875円 約7,350円
沖縄電力エリア 約1,094円 約6,854円 約4,956円

 

参照:エコキュート:日立の家電品 (hitachi.co.jp)

 

・3人家族 / 容量370L
・地域ごとの電力会社
・現在使っている給湯器(LPガス・都市ガス)

 

上記の条件で計算しています。

 

 

まとめ:エコキュートを利用すると給湯光熱費を節約できる

 

この記事ではエコキュートの料金シミュレーションができる3社(パナソニック・三菱電機・日立)を具体例として、毎月の料金目安を計算しました。

 

その結果、ガス給湯機などをエコキュートに置き換えると大幅に給湯光熱費を抑えられることがわかりました。

 

エコキュートは初期費用が高いのがネックポイントですが、その分毎月のランニングコスト(給湯光熱費)が節約できるのが魅力です。

 

耐用年数(約10年程度)まで使い続ければ、節約できた金額がエコキュートの初期費用を上回ることもあります。

 

ただし使い方を工夫しないと「思ったより給湯光熱費が下がらない」というケースも出てくるので、エコキュートをよりお得に使う方法も一緒にチェックすることをおすすめします。

 

(別記事にて解説しています)

 

 

0

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 株式会社USサービス. All rights Reserved.