ブログ


電気温水器とエコキュートの違いは?ランニングコストに差が出る理由

「電気温水器とエコキュートはどちらも電気でお湯を沸かす給湯器だから、仕組みや電気代も同じくらいなのかな」

 

給湯器かつ動力が同じである電気温水器とエコキュートの違いは、一般的にはあまり知られていないかもしれません。

 

でも両者の間にはいくつもの違いがあり、どちらを設置するかによってランニングコストに大きな違いが出ます。

 

この記事では電気温水器とエコキュートの具体的な違いと、各地域ごとのランニングコストの目安についてご紹介します。

 

 

電気温水器とエコキュートの違いとは?5つの角度から解説

温水器とエコキュートの違い5つ

 

電気温水器とエコキュートはどちらも電気でお湯を沸かす給湯器ですが、2つの間には具体的にどんな違いがあるのでしょうか。

 

  •   お湯を沸かす仕組みの違い
  •   設置にかかる初期費用の違い
  •   平均的な耐用年数(寿命)の違い
  •   設置に必要なスペースの違い
  •   1ヵ月あたりの電気代の違い

 

ここからは上記5つの観点に沿って、電気温水器とエコキュートは何が違うのかを深堀していきます。

 

電気給湯器の購入を検討中の方は、ぜひ最後までチェックしてください。

 

 

お湯を沸かす仕組みの違い

電気温水器

  1. 電気でヒーターを稼働させる
  2. ヒーターの熱で水を加熱する

エコキュート

  1. 電気を使ってヒートポンプに空気を取り込む
  2. 取り込んだ空気の熱を冷媒(二酸化炭素)が吸収する
  3. 冷媒を圧縮して熱を高温化させる
  4. 水熱交換器で水に熱を伝えて加熱する

 

電気温水器とエコキュートのお湯を沸かす仕組みの違いは、上の表のとおりです。

 

電気温水器が熱を生み出す動力は「電気のみ」なのに対して、エコキュートは空気中の熱を使うことができるため「空気と電気」が動力になっています。

 

つまり同じ量の水を同じ温度に温める場合、エコキュートの方が必要な電気量は少なくて済むのです。

 

 

設置にかかる初期費用の違い

電気温水器

本体価格

370L:約12.5万~約37.1万円

460L:約13.5万~約46.2万円

550L:約15.4万~約33.1万円

設置費用

新規設置:約8~10万円

本体交換:約7万円~10万円

エコキュート

本体価格

370L:約15.7万~約44.9万円

460L:約17.4万~約47.3万円

550L:約19.5万~約50.8万円

設置費用

新規設置:約21万~35万円

本体交換:約7万~10万円

※2021年9月時点/価格.comにて確認

 

電気温水器とエコキュートの初期費用(本体価格+工事費用)の違いは、上の表のとおりです。

 

どちらも機能の範囲(給湯専用~フルオートなど)によって価格帯は異なりますが、電気温水器の方が平均価格は低い傾向があります。

 

ちなみに大きく差が出るのは設置費用で、エコキュートの方が基礎工事・水道工事・電気工事などが必要になるため、新規工事の際はまとまった金額が必要です。

 

 

平均的な耐用年数(寿命)の違い

電気温水器

約15年(約10~20年)

エコキュート

約10年(~約15年)

※ヒートポンプユニット:約5~15年

※貯湯タンクユニット:約10~15年

 

電気温水器とエコキュートの平均的な耐用年数(寿命)の違いは、上の表のとおりです。

 

電気温水器の方が比較的長く使えることが多いですが、エコキュートはまだ発売からそれほど経っていないため「情報が集まりきっていない+これから改良が進んで寿命が伸びる可能性がある」と言えます。

 

どちらにせよ、定期的なメンテナンスをすることでより長い期間使うことができるでしょう。

 

 

設置に必要なスペースの違い

電気温水器

横幅と奥行がそれぞれ1mくらいのスペース

エコキュート

横幅が2m~3mくらい、奥行が1mくらいのスペース

 

電気温水器とエコキュートの設置に必要なスペースの違いは、上の表のとおりです。

 

電気温水器は本体(貯湯ユニット)のみの設置なので省スペースで済みますが、エコキュートはヒートポンプユニットと貯湯タンクユニットの両方の設置が必要なので、より広いスペースが必要になります。

 

とくにエコキュートの設置を検討している場合は、事前に設置に十分なスペースがあるか確認しておきましょう。

 

 

1ヵ月あたりの電気代の違い

電気温水器

月間:約6,500~10,500円

(年間:約78,000~126,000円)

エコキュート

月間:約900~2,700円

(年間:約10,800~32,400円)

 

電気温水器とエコキュートのランニングコスト(電気代)の違いは、上の表のとおりです。

 

動力が電力のみの電気温水器と比べて、空気の熱と電力でお湯を沸かすエコキュートは月々の電気代が大幅に節約できます。

 

ちなみに外気温が高いほど空気の熱が集まりやすいことに加え、給水される水温も比較的高くなる温暖な地域の方が電気代は安くなるケースが大半です。

 

次の見出しでは電気温水器とエコキュートについて、地域ごとにかかる電気代の目安をご紹介します。

 

 

地域別の電気温水器・エコキュートのランニングコスト一覧

 

期間

電気温水器

エコキュート

北海道電力エリア

月間

約9,000円

約2,700円

年間

約108,000円

約32,400円

東北電力エリア

月間

約6,700円

約1,800円

年間

約80,400円

約21,600円

北陸電力エリア

月間

約6,900円

約1,700円

年間

約82,800円

約20,400円

東京電力エリア

月間

約8,500円

約2,000円

年間

約102,000円

約24,000円

中部電力エリア

月間

約8,300円

約2,000円

年間

約99,600円

約24,000円

関西電力エリア

月間

約7,200円

約1,700円

年間

約86,400円

約20,400円

中国電力エリア

月間

約7,600円

約1,900円

年間

約91,200円

約22,800円

四国電力エリア

月間

約10,500円

約2,400円

年間

約126,000円

約28,800円

九州電力エリア

月間

約6,500円

約1,500円

年間

約78,000円

約18,000円

沖縄電力エリア

月間

情報なし

約900円

年間

約10,800円

参照:低ランニングコスト | 特長 | エコキュート | 給湯・暖房 | Panasonic

 

 

上の表は各電力会社のエリアごとに、電気温水器とエコキュートのランニングコスト(月間・年間)がどのくらいかかるのかをまとめています。

 

前の見出しでご紹介した通り、寒冷な地域よりも温暖な地域の方がより安い電気代でお湯を沸かすことが可能です。

 

ちなみにもっとも価格差が大きいのは四国電力エリアで、電気温水器が月平均10,500円ほどかかるのに対し、エコキュートは月平均2,400円(電気温水器の1/4以下)ほどの料金しかかかりません。

 

 

まとめ

 

この記事では電気温水器とエコキュートの具体的な違いと、各地域ごとのランニングコストの目安についてご紹介しました。

 

一見同じように思える電気温水器とエコキュートですが、実際には多くの違いが存在することをお分かりいただけたでしょうか。

 

初期費用は電気温水器の方が安く済むかもしれませんが、毎月の電気代はエコキュートの方が大幅に安い価格で済みます。

 

どちらの給湯器を設置するか検討中の方は、2つの給湯器の違い・特徴をしっかり確認して、ご自宅に合った給湯器を選んでください。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

<関連記事>

エネファームとエコキュートの違いは?5つの角度から比較

エコジョーズとエコキュートの違いは?5つの角度から比較

エコワンとエコキュートの違いは?それぞれが向いているご家庭の例も紹介

 

0

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 株式会社USサービス. All rights Reserved.